効果的な集客のために

マイカーや住宅など、高額な商品を購入するために、ディーラーや展示場などを子ども連れで訪れた場合、大人はじっくりと時間をかけて商品を吟味したくても、子どもは退屈してしまうリスクが高くなります。来店した後、子どもは、しばらくの間はおとなしくしていても、ある程度時間が経過すると、辺りを走り回ったり、大人にちょっかいを出したりするものです。そのような状況になると、大人は、子どもに気を取られて、商品の比較・検討に集中することができなくなってしまいます。

そうした問題を解決するために、ガチャガチャは有効な販促ツールと言えます。子どもは、ガチャガチャで何が出て来るか楽しみで、出た商品も目新しいので、しばらくの間はそれで遊んでいてくれます。そのようにして、子どもがカプセルトイの遊びに集中していると、大人は子どもに手が掛からない分だけ、商談をスムーズに、スピーディーに進めることができます。

子どもに集中して遊んでいてもらうためには、キッズコーナーを設置するという方法もありますが、ガチャガチャには、何が出るか分からないという楽しみがあり、子どもの興味を惹きつけるための有効なツールと言えます。また、ガチャガチャは、導入するためのコストが比較的少なくて済むというメリットもあります。

対象となる顧客層

店舗のオーナーが利用することのできる販売促進用ツールにも、いろいろなバリエーションがあります。それらの中から、適切なツールを選ぶためには、ターゲットとなる顧客層の性別や年齢に気を配ることが大切なファクターとなります。そのような状況の中で、子どもを対象としたツールとして、人気を呼んでいるものの1つに、ガチャガチャがあります。こちらは、幼稚園や小学校へ通う年齢の子どもをメインターゲットとした販促ツールです。

ショップの中にも、さまざまな業種のところがあるので、それぞれに見合った販促ツールを選ぶことが大切です。中でも、スーパーマーケットなどとは異なり、幼稚園児や小学生が1人で訪れることが難しい業種の店舗では、同伴する子育て世代の保護者をターゲットとした販促ツールを選択する必要があります。

例えば、カーディーラーや住宅展示場などでは、大きな買い物をすることとなるので、購入意思を決定するまでにそれなりの時間が掛かります。それらのお店を、子ども連れで訪れた場合、大人は、真剣に商品の比較・検討をしていても、子どもにとっては退屈な時間が長くなってしまいます。そのような場面で役に立つのが、ガチャガチャになります。

販促用のガチャガチャ

ショップを経営するにあたって、利用することの可能な販促ツールにも、さまざまな種類があります。その中から、良いツールを選択するには、ターゲット顧客層を明確にし、それに見合ったツールを探し出すことが大切です。例えば、子どもをターゲットとしたツールでは、ガチャガチャを選ぶのも1つの選択肢になります。こちらの対象となるのは、幼稚園児から小学生ぐらいの子どもです。

また、経営する店舗の業種によっても、適切な販促ツールの選び方には違いが生じて来ます。例えば、スーパーなどとは違って、カーディーラーや住宅展示場など、用紙園児や小学生が1人で行きにくい業種のショップでは、子育て世代の保護者が同伴することを想定して、販促ツールを選ぶ必要があります。カーディーラーや住宅展示場などでは、高額な商品を購入することとなるため、商談がまとまるまでに、長い時間が掛かります。そのような場面では、大人が商談に集中したいと思っても、子どもが退屈して、その辺を走り回ったり、大人にちょっかいを出したりしてしまうリスクが高くなります。そうした状況の中では、大人の気が散って、まとまる話もぶち壊しになってしまい兼ねないので、子どもをターゲットとしたガチャガチャの導入も検討する価値があります。

ここでは、販促ツールとして使用するガチャガチャについて、詳しく解説します。経営する店舗の集客効果を高めたいとお考えであれば、是非参考にしてみて下さい。