対象となる顧客層

店舗のオーナーが利用することのできる販売促進用ツールにも、いろいろなバリエーションがあります。それらの中から、適切なツールを選ぶためには、ターゲットとなる顧客層の性別や年齢に気を配ることが大切なファクターとなります。そのような状況の中で、子どもを対象としたツールとして、人気を呼んでいるものの1つに、ガチャガチャがあります。こちらは、幼稚園や小学校へ通う年齢の子どもをメインターゲットとした販促ツールです。

ショップの中にも、さまざまな業種のところがあるので、それぞれに見合った販促ツールを選ぶことが大切です。中でも、スーパーマーケットなどとは異なり、幼稚園児や小学生が1人で訪れることが難しい業種の店舗では、同伴する子育て世代の保護者をターゲットとした販促ツールを選択する必要があります。

例えば、カーディーラーや住宅展示場などでは、大きな買い物をすることとなるので、購入意思を決定するまでにそれなりの時間が掛かります。それらのお店を、子ども連れで訪れた場合、大人は、真剣に商品の比較・検討をしていても、子どもにとっては退屈な時間が長くなってしまいます。そのような場面で役に立つのが、ガチャガチャになります。